ポポーの仲間一覧

ポポーの仲間

ポポーはバンレイシ科に属する果物です。

本来バンレイシ科の植物は温帯、熱帯に多く見られます。

バンレイシ(釈迦頭)

banreisi1.jpg

科名:バンレイシ科 
学名:Annona squamosa L. 
別名:シャカトウ 
生薬名:シャカトウ(釈迦頭) 
原産:熱帯アメリカ 
 
熱帯で栽培される半落葉低木。果実の形が、お釈迦さんの頭に似ているので釈迦頭と呼ばれています。インドネシアでは、葉を疥癬などに用います。

 

 

 

チェリモヤ

cherim_1.jpg

科名:バンレイシ科バンレイシ属
学名:Annona cherimola
英名:Cherimoya
産地:エクアドルからペルー、チリに分布
 
標高1600~2200メートルの高原に生え、高さは4~8メートルになる果樹。
果実は径約15センチの卵形。果肉は白いクリーム状で甘く、わずかな酸味と芳香があり、「森のアイスクリーム」と呼ばれることもあります。
バンレイシ類では最も美味とされ、生食のほか、清涼飲料などに加工される。

 

アテモヤ

th.jpg

科名:バンレイシ科
学名:Annona atemoya
別名:カスタードアップル 
英名:Atemoya
 
釈迦頭とチェリモヤを掛け合わせフロリダで品種改良された品種。
名前は釈迦頭のブラジルでの呼び名アテ(Ate)と、チェリモヤ(Cherimoya)のモヤから付けられた。
糖度20~25度と非常に甘く、程よい酸味と上品な香り、白くジューシーなクリーム状の果肉はアイスクリームの様でもあり、近年人気が出てきた。
 
栽培可能な期間が12月から2月迄と釈迦頭にくらべ短く、栽培自体も難しいため高級品種として扱われる。

 

サワーソップ

sawa-soppu.jpg

科名:バンレイシ科バンレイシ属

英名:soursop
和名:トゲバンレイシやシャシャップ
原産:メキシコ、中米、カリブ諸島、北米、南米、サブサハラの熱帯地方にも自生する
 
バナナやココナッツを思わせるクリーミーな香りとイチゴとパイナップル柑橘系の香り両方が感じられ、ヨーグルトにも似ているという。
甘味とさわやかな酸味があり、果汁が非常に多い。そのまま、または加工して炭酸飲料や菓子として食べる。

 

 

 

yerrowgreen.gif